プロによるレビュー
所有権
アフィリエイト報酬
レビューガイドライン

2022年におすすめのトレント向けVPN 5選│安全・高速・匿名

ティム・モカン ティム・モカン
更新日: 2022年12月1日
2022年におすすめのトレント向けVPN 5選│安全・高速・匿名

お急ぎですか? トレントにおすすめのVPNはこちらです!

  • 🥇 ExpressVPN優秀なセキュリティ対策と高速通信が特長。P2P(ピアツーピア)に対応したサーバーが数千個あり、厳しいログなし方針も(独立審査済み)。5台まで同時に接続できます。

こちらで今日のおすすめの割引(49%)をご利用ください→ お急ぎですか? トレントにおすすめのVPNはこちらです!


今回の調査では、トップクラスの仮想プライベートネットワーク(VPN)をすべて試し、トレントにおすすめのVPNを探しました。

VPNならどれでもトレントに向いているわけではありません。P2Pサーバーが少なかったり、トレントが許可されていない国に本社を置いていたり、ユーザーデータを記録して広告企業に転売したりしているVPNサービスもあるのです。

しかし、トレントにおすすめの優れたVPNもあります。この記事でご紹介するVPNサービスは、P2P用サーバーが多く、ユーザーデータを一切記録せず、高度なセキュリティ機能もあるので安全に素早くファイルを共有できます。また、BitTorrent、uTorrent、Vuzeなどの大手トレントクライアントも利用でき、日本のトレントサイト(Nyaa、東京図書館、AniDexなど)にもアクセスできます。数週間かけて詳しく検証し、トレントをダウンロードするのにおすすめのVPNを5つ厳選しました。

免責事項:SafetyDetectivesでは違法行為を容認していません。お住まいの地域のルールや法律を確認し、合法な範囲でご利用ください。

2022年におすすめのトレント向けVPN

🥇1. ExpressVPN:トレントに一番おすすめのVPN

🥇1. ExpressVPN:トレントに一番おすすめのVPN

ExpressVPNは他社で見られない高度なプライバシー保護機能がたくさんあるので、特にトレントに向いているVPNサービスです。また、日本語に完全対応しているので快適に使用できます。セキュリティ対策を強化し、設定を自由に変えられるので、常にプライバシーを守った状態で高速で妨げのないP2P通信を楽しめます。

セキュリティに関して、ExpressVPNは基本をしっかりカバーしています。

  • AES 256ビット暗号化
  • ログなし方針
  • 接続停止スイッチ

ExpressVPNは他にも注目したい特長もあります。

  • スプリットトンネル:VPNに経由させる通信を選べるので、一部の通信はそのままにしておくことができます。ストリーミングしながら安全にトレントをダウンロードしたいときに特に便利な機能です。
  • パーフェクトフォワードシークレシー:暗号化キーを使用することで、万が一ExpressVPNのサーバーがハッキングの被害に遭っても通信データを盗聴されません。
  • 通信量が無制限:ダウンロード・アップロードできる通信量が制限されていません。

ExpressVPNはこの記事で最速のVPNです。最速のサーバーに素早く接続する「スマートロケーション機能」を試したところ、ダウンロード速度は1%、アップロード速度は平均で3%しか遅くなりませんでした。海外のサーバーに手動接続したところ、速度は28%低下しました(他社だと50%程度低下します)。

さらに、ExpressVPNはトレントを一切制限していません。この記事でご紹介している他社サービスはP2P専用サーバーでしかトレントできませんが、ExpressVPNは全サーバーがトレントに対応しています(日本を含む90か国に3,000個以上のサーバーが配備されています)。ExpressVPNは独立審査を数回受けており、プライバシー保護とセキュリティ対策への取り組みをきちんと守っていることが実証されています。また、データのプライバシー保護に有利な法律がある英国領ヴァージン諸島に本社を置いているため、ユーザーデータの記録が義務付けられていません。

ExpressVPNは他のVPNサービスと比べると割高ですが、コストパフォーマンスは最高です。特に、$6.67 / 月の年間プランを選ぶと契約が3か月無料で延長されますから、お買い得です。ExpressVPNには同時に5台まで接続でき、PayPalやビットコインなどさまざまな支払い方法に対応しています。有料プランはすべて30日間返金保証付きです。

まとめ:

ExpressVPNはトレントにおすすめのVPNです。全サーバーがトレントに対応しており、スプリットトンネルなどトレントに役立つ機能を提供しています。このような追加機能でユーザーのプライバシー保護が強化され、快適にVPNを利用できます。また、ExpressVPNはこの記事で最速のVPNサービスで、ユーザーデータを一切記録しておらず、あらゆる端末やOSで利用でき、同時に5台の端末を接続できます。30日返金保証があるのでリスクなしでお試しいただけます。

今すぐExpressVPNをダウンロードしましょう!

ExpressVPNの完全レビューはこちら >

🥈2. ProtonVPN:最も多目的なトレント向けVPN

🥈2. ProtonVPN:最も多目的なトレント向けVPN

ProtonVPNは非常に安全で、通信がかなり速く、P2Pに最適化されたサーバーは300+台以上あります。ProtonVPNは60か国以上に1,700+台を超えるサーバーがありますが、公式にトレントに対応しているのはP2P専用サーバーだけです。専用サーバーは16+か国にあり(ドイツ、香港、シンガポール、アメリカなど)、大きなファイルを安全かつ高速でダウンロード・アップロードできるように最適化されています。ただし、ProtonVPNの有料プランでしかトレントを利用できないことに注意しましょう。無料プランではトレントが許可されていません。

ProtonVPNは標準的なセキュリティ機能を提供しています。

  • ログなし方針
  • AES 256ビット暗号化
  • 停止スイッチ
  • DNS漏れ対策

ProtonVPNはデータの保持が義務付けられていないスイスに本社があります。また、14アイズ同盟にも加盟していません(14アイズ同盟:加盟国の間で情報を収集・共有する国際同盟。14か国が加盟しています)。

ProtonVPNは場所に応じて最適なP2Pサーバーを推奨してくれますが(一番近いサーバー、最速のサーバー、負荷率が最低のサーバー)、それ以外のP2Pサーバーにも自由に接続できます。ProtonVPNが推奨したP2Pサーバーに接続したところ、通信速度は平均で8%低下し、高速です。おすすめのサーバーではなく、別の国のP2Pサーバーを適当に選んで接続したところ、速度は平均で30~35%低下しました。これでもかなり速い方です。

ProtonVPNは最も使いやすいVPNの1つですが、今のところ日本語には翻訳されていません。利用可能なサーバーが一覧に国別で表示されるので接続しやすく、サーバーの負荷率が緑・黄色・赤の3色で表示されます(緑は負荷率が低く、赤は高いという意味です)。さらに、Secure Core(セキュア・コア)サーバーという高度な機能も利用できます。このサーバーに接続すると通信は2つのサーバーを経由し、そのうち1つは特に安全な国に設置されています。

ProtonVPNは同時に10台まで接続でき、すべての主要なOSで利用でき、仮想通貨での支払いにも対応しています。料金プランは$3.99 / 月~で、30日以内に解約すれば残り期間分を返金してもらえますから、安心して体験できます。

まとめ:

ProtonVPNは良質なトレント向けVPNでさまざまな場面で役立ちます。通信が速く、おすすめのP2Pサーバーに接続したところ、速度は8%しか低下しませんでした。また、高度な暗号化、停止スイッチ、厳格なログなし方針などにより、安全性も高いのが魅力的です。ProtonVPNのプランだと10台の端末を同時に接続でき、すべての有料プランで30日返金保証が適用されます。返金額は残りの契約期間によって決まります。

今すぐProtonVPNをダウンロードしましょう!

ProtonVPNの完全レビューはこちら >

🥉3. Private Internet Access:強力なプライバシー機能、トレント中も高速通信

🥉3. Private Internet Access:強力なプライバシー機能、トレント中も高速通信

Private Internet Access(PIA)はトレントを検出して自動的にP2Pに最適化されたサーバーに通信を転送してくれます。75か国以上に設置されたPIAのサーバーに接続すると、通信は最速のP2Pサーバーに転送されます。

PIAの魅力の1つは、ポートフォワーディングに対応していることです。ルーターのセキュリティ対策が原因で通信が遅くなることがありますが、ポートフォワーディングを使うと速度の低下を防止できます。それと同時に、PIAのサーバーがデータを暗号化し、IPアドレスを監視から守ることができます。ポートフォワーディングを使用すると通信速度を向上でき、より高速でトレントをダウンロードできます。

PIAは通信が比較的速いサービスです。全75か国のサーバーに無作為に接続してスピードテストを行ったところ、通信の遅れは平均で27%となり、ExpressVPNProtonVPNと同じくらいの低下となりました。PIAの注目ポイントは、Ping(応答時間:端末からVPNサーバーにデータが到達するまでの時間)がサーバーごとに表示されることです。Pingが低いサーバーを選べば、ウェブページを素早く読み込めますから、この数値が表示されるのは便利です。

PIAの本社は5・9・14アイズ同盟に加盟しているアメリカにあります。しかし、PIAは厳格なログなし方針があるので、アメリカ政府がユーザーデータの引き渡しを命じたとしても、引き渡せるデータ自体がありません(実際、数回そのように命令されたことがあるのですが、ログなし方針を守っていることが実証されています)。また、PIAは強力な暗号化、停止スイッチ、広告ブロッカーなど、プライバシー保護に必須の機能も提供しています。

$2.03 / 月~のPrivate Internet Accessは、同時に10台まで接続でき、さまざまな支払方法に対応しています。仮想通貨で支払うこともでき(ビットコイン、Bitpay、ビットコインキャッシュ、イーサリウム、ライトコイン)、プランは30日間返金保証付きです。

まとめ:

Private Internet Access(PIA)は75か国以上にのサーバーがあり、トレントをダウンロードする場合、通信はトレントに最適化されたサーバーに転送されます。また、PIAはAES 256ビット暗号化、停止スイッチ、ログなし方針など、セキュリティ対策に必須の特徴があります。さらに、PIAは通信も高速です。ポートフォワーディングに対応しており、必要に応じて安全性が低めの暗号化方法を選択することもできます。複数のVPNプロトコルにも対応しており、広告ブロッカーも搭載しているので、通信速度を向上したいときに役立ちます。PIAはリスクなしの30日返金保証があるので是非お試しください。

今すぐPrivate Internet Accessをダウンロードしましょう!

Private Internet Accessの完全レビューはこちら >

4. CyberGhost VPN:インターフェースが使いやすい

4. CyberGhost VPN:インターフェースが使いやすい

CyberGhost VPNはシンプルかつ安全で使いやすいVPNです。ただし、CyberGhostはP2P用サーバーが約80台しかないので上記のVPNサービスより少なめです。

それでも、CyberGhostのインターフェースは素晴らしいと思います。各サーバーに接続しているユーザー数と負荷率が表示されます。過密状態でないサーバーを選びやすいのが便利です(過密状態だと通信が遅い傾向があります)。さらに、CyberGhostはMac、iOS、Androidアプリが日本語に対応しているのも嬉しいポイントですね。

テストでCyberGhostに接続したところ、通信速度は平均で約35%低下し、高パフォーマンスでした。いつでもトレントを素早くダウンロードできましたが、ExpressVPNProtonVPNPrivate Internet Accessなどはトレント用サーバーが多いため、CyberGhostより高速です。

また、CyberGhostはAES 256ビット暗号化、停止スイッチ、ログなし方針など、トレント向けVPNに期待したい機能もあります(ただし、個人を特定できない範囲で、使用中の端末に関するメタデータを収集しています)。

CyberGhostは7台まで接続でき、本社はデータ保持が義務付けられていないルーマニアに置かれています。料金プランは$2.03 / 月~なのでかなり手頃です。CyberGhostの年間プランは安心の45日間返金保証付きです。

まとめ:

CyberGhost VPNはシンプルで使いやすいVPNで、トレントに向いています。約80台のトレント向けサーバーがあり、同時に7台まで接続できます。通信速度は満足できますが、最速のトレント向けVPNではありません(上位サービスと比べ、トレント対応サーバーがかなり少ないからです)。CyberGhostの年間プランは45日間返金保証付きです。ぜひお試しください。

今すぐCyberGhost VPNをダウンロードしましょう!

CyberGhost VPNの完全レビューはこちら >

5. IPVanish複数のユーザーが利用するのにおすすめ(何台でも端末を接続できる)

5. IPVanish複数のユーザーが利用するのにおすすめ(何台でも端末を接続できる)

IPVanishは複数のユーザーで利用したい場合におすすめのVPNです。同時に接続できる台数が制限されていない数少ないVPNなのです。IPVanishのインターフェースは分かりやすく、きちんと整理されているため、パソコンが苦手な人でも使いこなせます。

IPVanishは1,900個以上のサーバーがあり、全サーバーがP2Pに対応しています。また、データを暗号化しないことで高速通信を実現するSOCKS5プロキシサーバーもあります。

IPVanishを試したところ、通信速度の低下は約30%でした。ExpressVPNProtonVPNなど業界トップのサービスと同じくらいのパフォーマンスです。

Private Internet Accessと同様に、IPVanishもアメリカに本社がありますが、PIAと同じでIPVanishも接続ログや使用状況に関するログを記録していません。ただし、PIAとは違い、IPVanishが裁判所にユーザーデータの引き渡しを命令されたとき、容疑者のユーザー名、メールアドレス、IPアドレスを引き渡しました。警察は容疑者のインターネットサービスプロバイダから犯罪行為の証拠を得ることができたのです。ほとんどのユーザーには問題ありませんし、IPVanishは以上のデータを記録しないようになりましたが、氏名、メールアドレス、IPアドレスを警察に引き渡したというのは不安が残ります。

IPVanishは接続台数が無制限で、すべてのデバイス・OSに対応しています。$3.19 / 月 の1年プランは30日間返金保証付きで、VIPREセキュリティソフトの無料サブスクリプションが含まれます(ただし、macOSとWindowsでしか利用できません)。

まとめ:

IPVanishは同時に接続できる台数が無制限で、インターフェースはシンプルで使いやすい設計です。多数の端末を保護したい大家族にピッタリでしょう。IPVanishは安全でP2Pサーバーも多く、高速通信を維持でき、とても使いやすいと思います。IPVanishの有料プランは30日返金保証付きなので使い心地を試してみてください。

今すぐIPVanishをダウンロードしましょう!

IPVanishの完全レビューはこちら >

2022年におすすめのトレント向けVPNの評価項目

  • P2Pに対応している
    この記事でご紹介しているVPNはすべて、全サーバーでトレントできるか、トレントに最適化されたP2P専用サーバーを用意しています。
  • 強力なセキュリティ対策
    これからご紹介するVPNは、業界標準のAES 256ビット暗号化を採用し、高度なセキュリティプロトコル(OpenVPN、WireGuard、IKEv2など)に対応しています。また、共有IPアドレスや停止スイッチなど重要なセキュリティ機能や、厳格なログなし方針もあります。
  • 高速通信
    大容量ファイルをダウンロード・アップロードしても高速通信を維持できるよう、良質なトレント向けVPNは最適化されたサーバーを用意しています。このランキングで厳選したVPNは、遠くのサーバーでも通信速度が大幅に低下しませんでした。近くのP2Pサーバーに接続した場合、アップロード速度・ダウンロード速度の低下率は20%以下となりました。
  • コストパフォーマンスが高い
    追加機能や同時に接続できる台数、価格や無料プランの有無なども検討してランキングにまとめています。ここでご紹介しているVPNはトレントに役立つ機能(スプリットトンネルやP2Pに最適化されたサーバーなど)があり、5台まで同時に接続でき、手頃な価格で、安心の返金保証もあります。

おすすめできない大手VPN

  • IVPN
    IVPNは高速で安全性も高く、トレントに対応しています。しかし、トレントを行う際はアメリカのサーバーを避けるように推奨しているなど、ユーザーを制限しようとしているほか、ストリーミングには向きません。全体的に、この記事で紹介したほかのVPNのほうがトレントに役立ちます。
  • Hola VPN
    Holaは通信を他のユーザーのパソコンに経由させている無料VPNです。他のユーザーのIPアドレスが割り当てられ、あなたのIPアドレスは他人に使用されることになります。つまり、他人はあなたのIPアドレスを使って犯罪や不正行為をすることができ、そうなるとあなたの安全性が脅かされてしまいます。さらに、Hola VPNはBitTorrentの通信をすべてブロックするため、トレントには向きません。
  • BolehVPN
    BolehVPNは強力なセキュリティ機能、高速通信、トレントに対応しているなどの特長があります。しかし、BolehVPNのプライバシー方針を読むと、不審なアクティビティが検出されたり、嫌がらせやスパムなどの苦情を受けたりすると、一時的にログを記録する場合があると書かれています。おすすめできません。

トレントに一番おすすめのVPNはどれですか?

2022年にトレントに一番おすすめのVPNはExpressVPNです。高速で、3,000台を超える全サーバーでトレントをダウンロードでき、非常に安全なAES 256ビット暗号化を採用しています。さらに、停止スイッチも搭載し、DNS漏れ対策や厳格なログなし方針を維持しているのも魅力的です。

トレントにおすすめのVPNは他にもあります。ProtonVPNは匿名性を維持したい場合にピッタリで、Private Internet Accessは強力なセキュリティ対策と高速通信が魅力のサービスです。CyberGhostはとても使いやすく、IPVanishは同時に何台でも端末を接続できます。

VPNを使ってトレントをダウンロードするのは安全ですか?

はい、トレントにおすすめのVPNを利用すれば安全です。この記事でご紹介したVPNはすべて、AES 256ビット暗号化を採用し、接続停止スイッチも搭載しています。また、ログなし方針があり、IPアドレスを隠したりDNS漏れを防止したりする追加のセキュリティ機能もあります。

しかし、VPNを使ってもトレントファイルに潜んでいるマルウェアの対策にはなりません。マルウェアやウイルスから端末やデータを保護するにはウイルス対策ソフトをご利用ください。

トレントをダウンロードしていることをサードパーティに見られませんか?

いいえ。 優れたVPN はネット通信をすべて暗号化するので、アクティビティが完全に隠されます。そのため、誰もオンラインアクティビティを見ることはできません。ただし、VPNプロバイダは例外です。ただし、VPNプロバイダはネットの利用状況を見られることがあるため、ログを記録しないVPNプロバイダを選ぶのが重要です(例えばExpressVPNは厳格なログなし方針を守っていることが独立審査で検証済みです)。

また、トレントにおすすめのVPNは停止スイッチがあるので、VPNサーバーとの接続トラブルがあった場合にネット通信を完全に遮断できます。

無料のVPNでもトレントをダウンロードできますか?

できますが、おすすめしません。無料VPNを使うと節約できますが、プライバシーやセキュリティが危険にさらされますし、通信量の制限などの制約があるのです。トレントをダウンロードする際は有料VPNをご利用ください。強力なセキュリティ機能があり、通信量が無制限で、ログなし方針があり、トレント向けサーバーが多数用意されています。

トレントに一番おすすめなのはExpressVPNです。トレントを安全かつ素早くダウンロードするのに必要な機能をすべて搭載しており、コストパフォーマンスが高いサービスです。また、30日返金保証もあるのでリスクなしでお試しいただけます。

トレントにおすすめのVPN:最終結果【2022年】

順位
総合評点
最大割引
著者について
ティム・モカン
更新日: 2022年12月1日

著者について

ティム・モカンはサイバーセキュリティが専門のジャーナリストで、過去5年間にわたりVPN業界に関する記事を執筆してきました。旅行、グルメ、ゲーム、アニメなどが趣味の彼は、プライベートでもVPNを使用しています。