2021年最高のAndroid向けパスワードマネージャ 8選

  • Google Playのトップアプリを完全比較:無料・プレミアムアプリまとめ
  • 高度な暗号化、自動入力、OS間で同期などが可能
  • インターネットセキュリティ対策を最大限にアップ
  • 独占割引もご紹介
ディスクロージャー
SafetyDetectiveのお客様を最優先としていることをご理解ください。当社は各使用者の本当のレビューを肯定的、否定的にかかわらず公表します。リンクをクリックして購入された場合の手数料を受け取ることがありますが、レビュー、比較、または評価の順位の公平性には影響しません。
1 位
  • 総合的に最高のアプリ:高度なセキュリティ対策+素晴らしい機能
  • 複雑なフォームでも便利な高度な自動入力
  • 端末間でお気に入りやメモを同期
  • コンピュータ、スマホ、タブレット端末など、複数のOSで同期
  • 優れた家族プラン
2 位
  • 高パフォーマンスで直感的に使いやすい
  • とても安全なログイン情報生成ツール、2要素認証、トップクラスの暗号化
  • ダークウェブのモニタリング、暗号化されたチャット、ストレージ容量10GB
3 位
  • きちんとしたセキュリティ機能、アプリが使いやすい
  • 500件以上のサイトのパスワードをワンクリックで変更
  • 無料VPN付き(データ量無制限)
4 位
  • 高度なセキュリティ対策:2要素認証、トラベルモード、ボルトの暗号化
  • ログイン情報をいくつでも保存可能、ストレージ容量1GB、ワンクリックで自動入力
  • ダークウェブモニター+パスワード分析機能
5 位
  • 無料プランが最高:パスワード数、端末数無制限
  • すべてのOSでAndroidのパスワードを同期(100%無料)
  • ログイン情報、クレジットカード、住所などを自動入力
6 位
  • 安全なパスワードの生成ツール
7 位
  • 高度なセキュリティ対策(2段階認証、AES 256ビット暗号化、ローカル端末で同期)
8 位
  • 「セキュアメモ」機能が使いやすい

パスワードマネージャーとは?

パスワードマネージャーとは、パスワードやログイン情報を保存・自動入力でき、安全にログインできるように複雑なパスワードを生成するアプリケーションのことです。パスワードマネージャーの多くはサイバーセキュリティを強化する機能があります。たとえば2要素認証(2FA)、パスワード審査、パスワードの共有、ダークウェブのモニタリングなどです。

パスワードのマネージャーの機能は?

パスワードマネージャーにはそれぞれ違いやユニークな特長があります。一般的に、パスワードマネージャーには以下のような機能があります。

  • パスワードやログイン情報を保存・自動入力
  • 端末やブラウザ間でパスワードを同期
  • 安全なパスワードを新規作成
  • 様々なウェブフォームで自動入力
  • 家族や友達とパスワードを共有

機能の比較

ブートタイム スキャン
アンチスパム
ファイアウォール
メールのセキュリティ
IDS
IPS
マクロ保護
CloudAV
無料試用
Moneyback: 常時
ブートタイム スキャン
アンチスパム
ファイアウォール
メールのセキュリティ
IDS
IPS
マクロ保護
CloudAV
無料試用
Moneyback: 常時
ブートタイム スキャン
アンチスパム
ファイアウォール
メールのセキュリティ
IDS
IPS
マクロ保護
CloudAV
無料試用
Moneyback: 30日間

トップ アンチウィルス サービスの最新のレビュー

Keeper
9.2
92 18

もう手放せないツールです!

-

Keeperを入手

分野ごとのベスト アンチウィルス

Norton
Windows
McAfee
Linux
Bitdefender
Mac

よくある質問

パスワードマネージャーが必要な理由は?

パスワードマネージャーが必要な理由は主に2つあります。

  1. 時間を節約できる
  2. セキュリティ対策を強化できる

ネットのアカウントへのハッキング被害は毎日のように報告されていますが、原因の多くはパスワードが弱いことです。複数のサイトで同じパスワードを使いまわしたり、比較的簡単に推測できるパスワードだと、アカウントが危険にさらされます。

パスワードマネージャーは複雑なパスワードを瞬時に生成してログイン欄に自動的に入力してくれるため、覚えておく必要はありません。パスワードマネージャーは暮らしを楽にしてくれますし、インターネットのセキュリティ対策を強化するためにも役立つツールです。

多くのパスワードマネージャーは高度なセキュリティ機能を搭載しています。例えばDashlaneはセキュリティ違反がないかダークウェブを確認しています。

パスワードマネージャーは安全ですか?

はい、とても安全です。

利用者のパスワードを確実に保護し、サーバーでもきちんと安全性を確保できるように、パスワードマネージャーは最先端のセキュリティ技術を導入しています。

この記事でご紹介するパスワードマネージャーはすべて以下のような特徴があるのです。

  • 強力な暗号化を使用している。Dashlaneなどほとんどのサードパーティパスワードマネージャーは、256ビットAES暗号化かそれ以上の暗号化を採用しています。これは実質的に解読不可能な暗号化水準です。
  • ゼロ知識プロトコル。この強力な暗号化は終端間で行われるため、パスワードマネージャーさえも暗号化していない状態のパスワードを見ることができません。
  • 2要素認証(2FA) パスワードがハッカーに知られてしまったら、もう一つの方法で本人確認をしなければアカウントにアクセスできません。
  • パスワード審査。RoboFormなどのプログラムを使うと、強力・脆弱なパスワードはどれか、1回以上使いまわしているパスワードはどれか確認できます。さらに、Dashlaneなら多数のサイトで脆弱なパスワードや重複したパスワードをワンクリックで変更できます!

ブラウザに搭載されているパスワードマネージャーで十分では?

いいえ、不十分です。最近ではほとんどのブラウザでパスワードを保存したり自動入力したりできますが、ChromeやFirefoxのパスワードマネージャーはサードパーティのオススメのパスワードマネージャーほどは安全ではありませんし、不便なところもあります。

ブラウザのパスワードマネージャーには以下のような欠点があります。

  • 暗号化が低レベル。
  • ブラウザ間で同期できない。
  • パスワード審査機能がない。
  • 機能性が低い。

つまり、以下のパスワードマネージャーの目的のうち、2つ目をきちんと達成できていません。

  1. 利便性をアップすること
  2. 安全性を守ること

DashlaneNordPassなどの最高レベルのパスワードマネージャーはブラウザに搭載されているパスワード管理ツールより断然優れているのです。

オススメの無料パスワードマネージャーは?

一番オススメしたい無料パスワードマネージャーはNordPassです。

以下のような特長があります。

  • パスワードをいくらでも保存できる
  • 自動保存・自動入力
  • 生体認証でログイン
  • パスワード生成ツール
  • 簡単にパスワードをインポート

パスワードマネージャーで2要素認証を利用するとはどういう意味ですか?

2要素認証を有効にすると、別の方法で本人確認しなければアカウントにログインできません。ワンタイムパスワードだったり、指紋だったり、USBメモリに書き込んだカギなどを使って本人確認を2回行います。

2要素認証を設定すべき場面は2つあります。

  1. パスワードマネージャーにマスターパスワードを入力するとき。
  2. 2要素認証に対応しているサイトにログインするとき。

良質なパスワードマネージャーは以下の2要素認証に対応しています。

  1. 一時的なワンタイムパスワード(TOTP):1度使うと無効になります。
  2. 生体ログイン:顔スキャンや指紋で本人確認します(DashlaneRoboFormは生体認証に対応しています)。
  3. USBキー:YubiKeyやDuoなどのUSBスティックに書き込んだカギを使って認証します。

マスターパスワードを忘れたときには復元できますか?

マスターパスワードは絶対に忘れないように注意しましょう。パスワードマネージャーはサーバーでデータを保護するため、ゼロ知識プロトコルを採用しています。ですからマスターパスワードを失くしてしまっても復元できません。

このような高度なセキュリティ対策はユーザーのプライバシーを守るためにはありがたいですが、失敗することはありますよね。DashlaneRoboFormは緊急アクセス機能があります。万が一アカウントにログインできなくなってしまった場合にアクセスを復元したり、友達や家族がアカウントにアクセスできるように設定できます。