2019年のLinux用ベスト7(本当に無料の)アンチウィルス

アビバ ザックス
投稿日: 2018年10月22日

通常、Linuxマシンがマルウェアに感染したとは聞きません。しかし、だからといって安心していいものではありません。ハッカーがLinuxを好みウィルスやマルウェアで感染させてしまいます。Linuxをハッカーから守るいくつかのアンチウィルスプログラムのリストをまとめてみました。

多くの無料オプションがあり、試用版が付いた価値あるプロ版も含めました。

市場で最高のLinuxアンチウィルス プログラムを見つけるよう努力し、広範なテストの後以下が最高の7つであると判断しました。

1. ClamWin

Linux用で最も広く知られているソリューションから始めます。 ClamWinはまだ開発中の、オープンソースのアンチウィルスです。このプログラムは、少なくとも私のUbuntuマシンの場合には、メイン リポジトリに設置されています。

機能

  • コマンドライン インターフェイス スキャナ
  • ウイルス定義の定期的な更新
  • メール スキャン
  • PDF、Office、Zipなどのさまざまな種類のファイルをサポート

気に入った機能

  • 簡単な設置と設定
  • 高速の操作
  • WindowsおよびMacOSとの相互互換性
  • ポータブルな設置

不満な点

  • 各自が自分のをダウンロードできるが、独自のGUIが無い

ベストの使用例

ClamWinは特にWindowsやMacOSマシンで作業する場合は、長期的かつ多用途なソリューションとしても機能します。また、ClamWin はコマンドラインから静かに実行されます。 Linuxを実行している場合邪魔にならないアンチウィルスが必要となり、ClamWinが正にそれです。

ClamWinのお得な情報を見る >>>


2. Bitdefender

BitdefenderはWindows用アンチウィルス市場で強い存在感があり、Linux用も見てみる価値があります。実際には無料のアンチウィルスではありませんが、試用版を提供しています

機能

  • アーカイブのスキャン
  • デスクトップ統合
  • 脅威の隔離
  • コマンドラインで実行可能

気に入った機能

  • Solaris、Linux、およびFreeBSDのサポート
  • SambaとUnixの別々のインストーラ
  • 直感的なGUI

不満な点

  • Bitdefenderはもはやサポートされていないため、短期的な解決策
  • 一部の機能は有料としてロックされている

ベストの使用例

Bitdefenderの包括的なスキャンは、短期間ではあるがパワフルなアンチウィルス ソリューションを求める方に向いています。

Bitdefenderのお得な情報を見る>>>


3. Sophos

Sophosはマルウェアの検出率が高く、さらにはLinux以外のOSの保護も提供しシステム パフォーマンスへの影響は最小限です。

機能

  • 総合的なマルウェア検出
  • オンデマンドとリアルタイムのスキャン
  • 他のOS(Windows、Mac、Androidなど)のマルウェアもカバー
  • 端末経由で実行可能

好みの機能

  • ワーム、トロイ、およびマルウェアに対する優れた保護機能
  • システム パフォーマンスへの影響が少ない
  • 小さな更新ファイルのサイズ
  • 特定のファイルとディレクトリを除外するオプション

不満な点

  • GUIが組み込まれていない
  • アンチ ランサムウェア機能は有料版としてロックされている

ベストな使用例

Sophosはファイルサーバに最適です。これらのタイプのマシンは他のOSと頻繁にやり取りするため、自分のシステムが保護されていることを確認しマルウェアを間違ってクライエントに公布しないようにしてください

Sophosのお得な情報を見る >>>


4. Comodo

Comodoは 多くのディストリビューションとハードウェア に対応する多様の機能を提供しています。ただし、アンチ マルウェアにおいて、他のアンチウィルスより優れているとは期待しないでください。

機能

  • メール フィルタリング
  • オンデマンドとリアルタイムのスキャン
  • リアルタイムの保護
  • ウィルス定義の定期的更新
  • サーバー側の互換性

好みの機能

  • 32ビットと64ビット システムの両方をサポートし、古いハードウェアとの下位互換性を実現
  • Ubuntu、Mint、Red Hat、Fedoraなど、さまざまなディストリビューションのサポート

不満な点

  • 脅威の検出は競合会社よりもやや弱い

ベストの使用例

Comodoは、幅広い互換性のLinux用のアンチウィルスとして際立っています。特定のディストリビューションで作動するソリューションを見つけるのが難しい場合は、Comodoを試してみてください。

Comodoのお得な情報を見る >>>


5. Avast Core Security

Avastは既にWindows用アンチウィルス市場で高い評価を得ており、そのLinuxデビューでもその伝統を続けています。どちらの版も同じマルウェア データベースを共有しているので、アンチ マルウェアとアンチ スパイウェアのAVテストで優れたパフォーマンスを得ています。

機能

  • リアルタイムの保護
  • オンデマンド スキャン
  • スキャンのスケジュール
  • コアの保護
  • ネットワーク セキュリティ
  • ファイルサーバーの保護
  • 定期的な更新
  • コマンドラインからの実行可

好みの機能

  • 32ビットと64ビットシステムの両方をサポート
  • Red Hat、Debian、Ubuntuなどのさまざまなディストリビューションのサポート
  • 他のOSとデュアル ブート システムでマルウェアを見つけることが可能
  • 積極的な開発中

不満な点

  • 特に無く、堅実なアンチウィルス

ベストの使用例

明らかに、Avastの膨大な機能のリストはファイルサーバーに対して優れた威力を発揮します。 Windowsマルウェアを検出する機能はデュアルブートのためにも優れています。

Avastのお得な情報を見る >>>


6. F-PROT

F-PROTは、アンチウィルスのホームと企業エディションを提供します。ただし、テストしたホーム版のみが無料です

機能

  • オンデマンドのスキャン
  • 定期スキャン
  • トロイとブート セクタ ウィルスに対する保護
  • 内蔵ドライブとドライバをサポート

好みの機能

  • 32ビットと64ビット システムの両方をサポート
  • スキャンする脅威の包括的なディレクトリ
  • パフォーマンスへの影響が少ない
  • ポータブルな設置

不満な点

  • 醜く混雑したユーザー インターフェイス

ベストの使用例

余分な付属品に興味がないLinux使用者は、このアンチウィルスを愛用しているかもしれません。マルウェアのディレクトリは、ユーザー インターフェースを気にしないかぎり最も包括的なディレクトリの1つです

F-PROTのお得な情報を見る >>>


7. ESET NOD32 Antivirus 4

ESETはLinux専用に作られたものです。実際には 無料ではありませんが(試用期間があります)、 AVテストで最高の得点を挙げました。

機能

  • ウィルスとトロイの検出
  • ファイルのセキュリティ
  • ネットワーク スキャン
  • リモート管理
  • 自動更新

好みの機能

  • マルウェアの検出率が非常に高い
  • WindowsやMacOS、Linuxの複数のディストリビューションと互換性がある

不満な点

  • 試用期間が終了した後、プログラムは有料としてロックされる

ベストの使用例

ESETはサーバー管理者に人気があります。また、その強力な互換性と遠隔操作能力により、さまざまな場所に設置された複数のサーバで作動することができます。複数のOSを実行している複数のマシン間で一貫した保護が必要なビジネスの場合は、ESETをリストに追加する必要があります。

ESETのお得な情報を見る >>>

著者について

アビバ ザックス
アビバ ザックス

アビバ ザックスはコンテンツ マネジャー、作家、編集者であるだけでなく、素晴らしいパンも焼きます。働いていない時は、カフェイン無しのコーヒーを飲みながらベランダのゆり椅子で読書を楽しんでいます。